【Kyash】2%キャッシュバック終了|後払い電子マネーQUICPayはポイント還元対象外に

【Kyash】2%キャッシュバック終了

『Kyash(キャッシュ)』は、プリペイド式のVisaクレジットカードを、スマホで簡単に発行して利用できるアプリ。

そのKyashでは、以前までショッピングなどで利用すると、利用金額の2%をKyashアプリ内の「残高」としてキャッシュバックされていました。

しかし、2019年10月1日の取引より、利用金額の0.5~1%が「Kyashポイント」として付与されるため、「2%キャッシュバック」は2019年9月30日までの取引を対象とし、2019年12月下旬の付与で終了となります。

「Kyashポイント」を0.5~1%で付与へ

以下、Kyashポイントに関するまとめとなります。

Kyashポイント還元について|バーチャルカードのみは0.5%

Kyashポイントの還元対象となる取引は以下となります。

  • Kyash Visaバーチャルカードによる決済
  • Kyash Visaリアルカードによる決済

また、リアルカードを発行して利用中の場合、Kyashポイントの還元率は「1%」となりますが、バーチャルカードのみを利用している場合には「0.5%」となります。

Kyashポイント還元対象外|後払い電子マネーのQUICPayなど

「2%キャッシュバック」の際には、後払い電子マネーのQUICPayによる支払いでキャッシュバックされていましたが、「Kyashポイント」の場合、QUICPayによる支払いは還元対象外となりました。

また、KyashをAndroidスマホのQUICPayで利用する方法については、以下のリンク先を参考にしてみてください。

その他、以下のように「Suicaでの購入・チャージ」「きっぷ」「金券」「税金」などの支払いもKyashポイントの還元対象外となります。

Kyashポイント還元対象外

  • QUICPayによる支払い
  • モバイルSuicaアプリでの購入・チャージ
  • Google Pay経由によるモバイルSuicaアプリでの購入・チャージ
  • 交通機関へのお支払い(定期券、乗車券、切符、回数券、特急券などの料金)
  • 鉄道、バス、モノレール、ケーブルカーなど
  • 税金の支払い
  • ふるさと納税、税金各種
  • 公共料金の支払い
  • 寄付金の支払い
  • 金券、商品券や有価証券等の現金同等物の購入
  • 金券、商品券や有価証券等の現金同等物を販売しているサイトでの購入
  • 郵便局の販売サイトでの支払い
  • 造幣局の販売サイトでの支払い
  • 代金未回収が発生している取引
  • 本人または第三者による不正利用と判断された取引
  • 売上未確定のままの取引

また、対象外の取引でも「獲得予定」となり通知および表示されますが、獲得にはなりません。

Kyashポイントの利用方法

「2%キャッシュバック」の際には、Kyashの「残高」としてキャッシュバックされていましたが、「Kyashポイント」の場合、自らKyashポイントを「残高」へチャージする必要があります。(1ポイント1円分)

Kyashポイントの有効期限

獲得したすべてのKyashポイントの有効期限は、最終の支払い日より180日となり、その間にKyashによる支払いがない場合、所持しているKyashポイントは消滅となります。

また、マイナスポイントの場合は有効期限はありません。

Kyashポイントをチャージする方法や、Kyashポイントの有効期限を確認する方法については、以下のリンク先を参考にしてみてください。

Kyashポイント確定のタイミング

売上確定タイミングにてポイントが確定し還元されます。(支払い時点では仮売上のため、確定ではありません。)

売上確定の目安

  • 実店舗の場合、決済日より3~5日後
  • ネット通販の場合、決済日より3~7日後(予約商品等は確定に時間がかかります)

店舗ごとに売上げ確定日が異なるので、必ず上記の日数とは限りません。

まとめ

以上がKyashポイントに関するまとめとなります。また、Kyashポイントの最新情報については、以下の参考サイトを確認してみてください。

参考サイトなど

コメント投稿またはTwitterで返信

コメントは、以下の項目(*は必須項目)を入力し「コメントを送信」ボタンから送信お願いします。メールアドレスは公開されることはありません。
Twitterで返信する場合はこちらから。

また、コメントは承認制となります。