【ラクマで後払い】クレカ・お金がなくても購入する方法|Paidy(ペイディー)

フリマアプリのラクマで欲しいものがあるけれども、クレジットカードがなく、使える現金もない場合があるかもしれません。

今回は、そのような場合に、ラクマでの購入代金の支払いを、遅らせて後で支払う方法の紹介となります。

【ラクマ】「Paidy」払いでクレカ・お金がない場合に商品を購入

料金の支払いを翌月1日~10日に

ラクマでは支払い方法の中に「Paidy」があります。

商品の購入時に支払い方法をその「Paidy」にすると、翌月1日~10日まで料金の支払いを引き伸ばすことができ、クレカがない場合や、現金を用意できない場合でも欲しいものをすぐ購入できます。

利用回数・金額の上限

「Paidy」払いは、利用回数に上限はなく、利用金額の上限は利用状況等により変動するようです。

支払い方法・手数料

「Paidy」払いは、商品を購入した月の翌月の1日~10日までに、以下のいずれかの方法を利用し一括で支払います。

支払い方法 手数料
コンビニ/ATM払い 350円(税込)
口座振替 無料
銀行振込 金融機関による振込手数料

「コンビニ/ATM払い」の手数料について

月に複数の商品を「Paidy」払いで購入した場合でも、「コンビニ/ATM払い」の手数料は、精算時に350円のみとなります。

分割払いについて

また、1回につき15,000円以上の買い物をした場合に分割払いも可能となりますが、分割払手数料が発生します。

【利用例】「コンビニ/ATM払い」の手数料を金利として計算した場合

例えば、4月1日に10,000円の商品を「Paidy」払いで購入し、5月6日に料金と手数料の合計10,350円を、「コンビニ/ATM払い」で支払ったとします。

上記例の場合、「Paidy」払いの手数料を金利として計算すると、10,000円を借りて35日後に10,350円として返済するので、利率は36.5%となります。

消費者金融で借りる場合

欲しいもの・サービスがあるのにクレカや現金がない場合、利用できる方法としてキャッシングやカードのローンとも呼ばれている消費者金融で、お金を借りる方法もあります。

また、消費者金融によっては、はじめての利用で30日間利息0円の場合もあり、検討してみるのもいいかもしれません。

まとめ

「Paidy」払いは手軽に利用できる反面、購入価格・支払いまでの期間によっては、手数料が消費者金融の金利よりも割高な場合もあるかもしれません。そのため、利用する際には、その他のお金の調達手段と比較検討してもいいと思います。

「Paidy」払いの最新情報については、参考サイト内を確認してみてください。

参考サイトなど

コメント投稿またはTwitterで返信

コメントは、以下の項目(*は必須項目)を入力し「コメントを送信」ボタンから送信お願いします。メールアドレスは公開されることはありません。
Twitterで返信する場合はこちらから。

また、コメントは承認制となります。